助動詞 could の用法

英語王子

今回は助動詞 could の用法をおさらいしておこうね。



もぐら

could は can の過去形というイメージが強いかな。



英語王子

たぶん、ほとんどの人がそうだと思うから、それ以外の用法も含めて見てみよう!



過去形で使われる could と現在形で使われる could

過去時制の could

英語王子

could の中で最もポピュラーな用法が「…できた」と訳す用法だよね!
can の過去形にあたり、過去における能力や可能を示す表現だよ。



助動詞 could の用法
「彼は日本語、英語、スペイン語などのいくつかの言語を話すことができた」
もぐら

could speak が「話すことができた」となっていて、分かりやすい表現だモ!



英語王子

過去時制で使われる could は「…できた」という意味になるんだけど……

実は、could の意味はこれだけじゃないんだ。



もぐら

えぇっ? この他の could の意味なんて知らないよ。



英語王子

実は現在形でも could は使われることがあるんだよ。
例文を交えて見てみよう!



現在時制で推量を表す could

助動詞 could の用法
英語王子

この could をそのまま「…できた」と訳すと

「私の夢をかなえる最後のチャンスをできた」

となり、不自然な日本語になるよね?



もぐら

じゃあ、この could はどのようなニュアンスで使われているの?



英語王子

この場合は推量の意味を表す could で「…だろう」という意味になるんだ。
しかも「…だろう」という意味なので、過去時制ではなく、現在時制で使われることが多いのも注意すべき点だよ。



もぐら

ということは、英文の訳は

「私の夢をかなえる最後のチャンスだろう」

となるんだね!



英語王子

助動詞の would にも似たような推量の用法があったと思うし、ほぼ同じ意味なんだけど、could は「もしかしたら、そういう可能性もあるかもしれない」的なニュアンスがちょっと強い感じかな。

会話表現ではこの推量の could はよく使われるし、長文英語でもちょくちょく出てくるので、覚えておくといいよ。



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。