関係副詞の why

もぐら

関係副詞の基本では、where と when について見ていったけど、
why と how はどんな関係副詞なの?



英語王子

why と how は、where や when と比べると、ちょっと毛色が異なるところもあるかな。
今回は why の方に焦点をあてて見ていくよ。



関係副詞 why は先行詞が決まっている!?

英語王子

関係副詞 の why は、when や where と違って先行詞が決まっているんだ。



もぐら

先行詞が決まっている?
英文によって何の語句が使われるかは変わるのに?



英語王子

まさに、その点こそが要点なんだけど、
why は「…する理由」という意味の関係詞節を作り、先行詞は必ず、reason となるんだ。



関係副詞の why
英語王子

関係副詞 why は直前の reason を修飾しているので、why 以下は関係副詞節ということになるよね。



もぐら

There is no reason は「理由がない」って意味だよね?



英語王子

そうだよ。
だから、どのような理由がないのか、why 以下で詳しく説明しているんだ。
you should take a responsibility for the mistake は「あなたがそのミスの責任を取らなくてはいけない」という意味だから、全訳は次のようになるよ。

「あなたがそのミスの責任を取らなくてはいけない理由はない」



why の先行詞が省略される場合

英語王子

さて、ここで文構造を詳しく見ていこう。
さっきの例文では次のような修飾関係になるんだ。



関係副詞の why
もぐら

でもさ、そうなると関係副詞 why が使われる場合、
いつも reason という単語が英文中にないといけないってことだよね。



英語王子

でもね、ここがちょっと複雑なんだけど、先行詞 reason は省略されることもあるんだ。
・・・いや、むしろ省略されることの方が多いかも!

その場合によく用いられる表現が

This is why …

That is why …

という2パターンの表現だよ。



もぐら

直訳すると・・・
「これは…という理由です」
「それは…という理由です」
って感じになるモ!



英語王子

直訳だとそうだけど、
This is why … は「こういうわけで…」
That is why … は「そういうわけで…」
というのが、一種の定型表現になっているので、このまま覚えてしまってね。



関係副詞の why
「こういうわけで彼女は救急車で病院に運ばれた」
もぐら

関係副詞 why の前に先行詞は・・・ないね。
ということは、これは reason が省略されているパターンだね!



英語王子

そうだね。
This is why … はさっき習ったように、「こういうわけで…」という訳を当てはめてみてね。



もぐら

「関係詞の前に先行詞がない」
というのは正直意外だったよ。



英語王子

関係代名詞の用法に慣れているとそう感じるかもね。
このように、関係副詞 why には先行詞 reason がある場合とない場合があるから、うまく対応して考えていこうね!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。