自動詞と他動詞

英語王子

動詞には自動詞他動詞の2種類に分かれるのは知っているかな?



もぐら

自動詞と他動詞? 2つはどう違うの?



英語王子

簡単に言うと、目的語を取らないのが自動詞で、目的語を取るのが他動詞なんだよ。 つまり、「~を…する」とか「~に…する」のように、「~を」や「~に」に当たる部分がある動詞が他動詞ということになるね。 次の英文を見てみよう!



自動詞と他動詞の区別

自動詞と他動詞
「トムは東京で育った」
自動詞と他動詞
「トムは毎日英語を勉強している」
英語王子

1つ目の英文の動詞 grew の原形は grow だけど、「育つ」という意味だから、「~を」に当たる部分はないよね?
だから、自動詞ということになるんだ。



もぐら

じゃあ、2つ目の英文の study の方は「~を勉強する」という意味で、「~を」があるから、他動詞ってことかな……?



英語王子

そうだね。だから English という目的語が動詞のすぐ後に置かれているでしょ。



自動詞が目的語を取る場合

英語王子

目的語を取らないのが、自動詞と言ったけど、自動詞も頑張れば目的語を取ることができるんだ。



もぐら

う~ん、どういう風に頑張ればいいのかな?



英語王子

自動詞単体じゃ目的語は取れないけど、前置詞の力を借りれば目的語を取ることができるよ。
例えば、arrive は「着く」という意味の自動詞だけど、at という前置詞の力を借りれば目的語を取って「着く」→「~に着く」という意味になるんだ。



自動詞と他動詞
「彼女は30分以内に駅に着くだろう」
もぐら

じゃあ、at がなかったら、この場合 the station という目的語を続けることはできないんだね!
でも、自動詞を助ける前置詞っていつも at なの?



英語王子

いや、相性みたいなのがあって、動詞によって結びつきやすい前置詞は決まっているから、辞書をこまめに引いて覚えていこうね。
ちなみに、さっきの例文の動詞を arrive と似たような意味の reach にすると、以下のようになるよ。



自動詞と他動詞
もぐら

reach は他動詞だから、前置詞の力を借りなくても目的語を取れるんだね!



英語王子

arrive と reach の区別は本当によく出題されるから、覚えておいてよ!
ちなみに、同じ動詞でも自動詞と他動詞両方の意味を持つ場合もあるから、気をつけてね。



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。