現在完了の経験

英語王子

これまで現在完了の「完了」「結果」「継続」と解説してきたけど、
最後に「経験」で現在完了の仕上げとしようね。



もぐら

いやはや、長い道のりだったモ(笑)。



英語王子

では、さっそく現在完了の「経験」の用法について見ていこう!



ある過去の時点から現在に至るまでに経験したこと

英語王子

現在完了の経験は、これまでに経験したことを述べる際に使う用法だから、
「今までに…したことがある」
というのが基本的なニュアンスになるよ。



もぐら

現在完了ということは、現在とのつながりがあるってことだよね?
ということは、ある過去の時点から現在に至るまでに経験したことを述べているってことだよね?



英語王子

そういうことになるね!
じゃあ、例文で現在完了の経験の用法をチェックしよう。



He smiled.
「最後の同窓会パーティ以来、リックには会っていない」
もぐら

have の次に been とあるけど、これって何?



英語王子

been は go と同じ意味だと考えてね。
現在完了の経験の用法だけ、
「~へ行ったことがある」は gone ではなく been となるんだ。



もぐら

現在完了の経験は過去から現在までに経験したことだから、
詳しく書き換えるなら、
「私は今までにフランスに3回行ったことがある」
ってことだね。



現在完了の経験でよく使われる語句

英語王子

three times という回数を表す語句にも注意してね。
経験の用法ではこのように頻度や回数を示す語句を伴うことが多いんだ。

他にも
before「以前に」
ever「今までに;かつて」
never「一度も…ない」

といった語句に加えて
once、twice、many times
といった回数を表す副詞が一緒に使われるよ。



He smiled.
「あなたは今まで京都に行ったことがありますか」
He smiled.
「私は今まで一度も京都に行ったことがない」
英語王子

このように、ever は「今まで」という意味なので、1つ目の英文のように疑問文で使われることが多く、
never は「決して…ない」という強い否定を表すので、2つ目の英文のように not の代わりに否定的な文章で使われることが多いんだ。



もぐら

一緒に使われる語句がこれだけ多いってことは、それだけヒントとなるキーワードがたくさんあるってことかぁ。



英語王子

そうなんだ。
現在完了の経験は他の完了、継続といった用法と比較しても、
見分けやすく、かつ訳しやすいから、それほど難しくない項目なんだよ。

だから、訳し方も踏まえてしっかりとマスターしておこう!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。