前置詞 in

英語王子

今回は in という前置詞について見ていこうね。



もぐら

in はよく英文で見かけるけど、いつも決まった訳し方しかしていないなぁ。
でも、それだと時々前後が繋がらなくなるんだよね。



英語王子

前置詞はネイティブ的な感覚が最も問われる部分だから、すべてを完璧に網羅するのは難しいんだけど、ある程度であればイメージを膨らますことで対応できるんだよ。



前置詞 in が持つ空間的広がりの中というイメージ

英語王子

前置詞 in というと、まずはどういう意味をまず思いつくかな?



もぐら

やっぱり、「~の中」だよね!



英語王子

じゃ、この「~の中」という訳から in のイメージをどんどん大きくしていこう!
まずは、以下の2つの英文を比較してみてね。



前置詞 in
「ケイトは図書館に着いた」
前置詞 in
「ケイトは図書館で熱心に勉強した」
英語王子

(1)では in the library ではダメで、(2)は at the library にならないのか、その理由が分かるかな? 



もぐら

えっ?
何でだろう・・・。どっちでもいいような気もするけど。



英語王子

まず「~に到着する」という場合、図書館の中でないといけないのかな? 図書館の入口の前でも、図書館の館内に入っていても、その場所に着いたという事実には変わらないよね?



もぐら

そっか、(1)は到着したという事実を重点的に伝えたいから、図書館の中か外かは関係ないんだ。



英語王子

つまり、(1)は図書館の内外を問わず、図書館という場所全体を"点"で捉えている、それゆえに at が使われているんだ。

一方で、勉強はふつう図書館の中でするよね?
図書館の入り口に机を置いて勉強している人はまずいないはず…。



もぐら

確かに、僕もそんな人を見たことないモ(笑)。



英語王子

そうなると、(2)の場合は図書館という空間の中でとなるので、in という前置詞が使われているわけだね。

そう、in は「立体的な空間や容器の中」というイメージがまさにぴったりな前置詞なんだよ。



もぐら

そうか!
この英文の場合は図書館を1つの空間や容器と捉えて、その中でケイトが勉強しているわけだね。



in のイメージの応用

英語王子

この in の「~の中」というイメージは空間だけでなく、時間をも1つの空間と捉えて応用されるよ。
以下の英文で、時間を表す in の用法を確認してみよう。



前置詞 in
「2010年に彼は国際基金を設立した」
英語王子

この場合の in 2010 は「2010年」というある程度まとまった期間を1つの空間と捉え、その中、つまり「2010年中において」という意味で in が使われているよ。



もぐら

じゃあ、in autumn や in the morning が「秋の間に」「午前中に」といったニュアンスになるのは、ある程度の長さがある期間を表すからだね。



英語王子

でもね、「午前6時に」となると、
at 6 o'clock in the morning
となるんだ。



もぐら

確かに時間の前には、前置詞 at を置くよね。



英語王子

これは「6時」というある時刻の一点、つまり点で捉えているがゆえに at が使われているんだ。
そして「6時」というのは12時間という、ある程度まとまった期間である午前中に含まれるからこそ、in the morning となるんだよ。

じゃあ次の英文の in はどのように解釈できるかな?



前置詞 in
もぐら

I will finish this report は「私はこのレポートを仕上げているだろう」、 in an hour は「一時間後には」という意味だよね。

「~後に」という意味でも in が使えるんだ~。



英語王子

英文全体で見ると意味は分かるけど、なぜ in になるのか?

そもそも in は「~の中に」という意味で、「立体的な空間や容器の中」のイメージだと説明したよね?
実は、このイメージは時間にも適用されるんだ。

この場合は今から一時間後までを1つの空間と見なして、その中でという意味で in を使っているんだよ。



in と later の違い

もぐら

そういえば、「~後に」という意味では later という単語もあるよね?



英語王子

later はさっきの英文では使えないよ。
なぜなら、later は過去などの現在以外の始点からの、「~後に」という意味になるからなんだ。

でも、英文は今という現在の始点からの「一時間後」ということでしょ?
このような、現在からの始点の場合は in が使われるんだ。



前置詞 in
もぐら

同じような意味でも、in と later の使い方は全然違うんだね。



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。