助動詞 can の用法

英語王子

今回は基本的な助動詞の1つである can について見ていこう。



もぐら

can といえば英文でもよく見かける助動詞だよね!



英語王子

よく使われるからこそ、まず最初に基本的な意味と訳し方をおさらいしておこうね。



can には可能と可能性の意味がある

英語王子

can といえば「…できる」という訳し方をまず思い浮かべる人が多いんじゃないかな?



もぐら

うん、僕もまずそう訳すよ。
・・・っていうか、それ以外の意味もあるの?



英語王子

can にはそれ以外の意味もあるけど、まずは基本である"可能"の用法から見ていこうね。



助動詞 can の用法
「その応募者は4カ国語を話すことができる」
英語王子

この場合の can は「…できる」という意味で、"可能"のニュアンスで使われているんだ。
一番よく使われる用法と言えるだろうね。



もぐら

じゃあ、can を見たらまず「…できる」と訳せないか当てはめてみるモ!



英語王子

基本はその姿勢でいいと思うよ。
でも時々"可能"では訳せない時もあるんだ。
次の例文で can の違う用法を確認してみよう!



助動詞 can の用法
英語王子

This kind of thing は「この種のこと」
in theory は「理論上は」という意味だよ。

さて、この can はどういう意味になるかな?



もぐら

「この種のことは、理論上は起こることができる」

・・・「起こることができる」って何だか変だモ!



英語王子

この can を「…できる」と訳すと、しっくりこないよね?
そういう場合は「…であり得る;…する場合もある」と当てはめてみるといいよ。
すると、「この種のことは、理論上は起こり得る」となって自然な訳になったよね!



もぐら

can はそんな訳し方もできるんだね!



英語王子

この、「…であり得る;…する場合もある」は"可能性"と呼ばれるニュアンスだよ。 「…できる」でうまくいかない場合は、こっちの訳し方も考えてみてね!!



can と be able to … の使い分け

英語王子

can が「…できる」という意味の場合、be able to … という表現で書き換えることができるよ。



助動詞 can の用法
もぐら

"可能"の意味の場合はどっちを使ってもいいんだね!



英語王子

そうなんだけど、どうしてこんな書き換えができるかというと、助動詞の後に助動詞を続けることはできないからなんだ。
例えば、未来時制を表す助動詞 will が使われている場合なんかは、will can とはできないんだよ。



もぐら

will と can という助動詞を続けて使っていることになるもんね…。
じゃあ、どうするの?



英語王子

そんな時は can を be able to … に置き換えれば、助動詞扱いにはならないから、will be able to … とすることができるんだよ。



助動詞 can の用法
「彼は明日には帰国できるだろう」
英語王子

can と be able to … の書き換えはよく出題されるから、覚えておいてね!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。