強調構文

英語王子

これまでは、語句が語句を強調する用法を見てきたけど、今回はちょっと大がかりな感じだよ。



もぐら

大がかり・・・って?



英語王子

なんてったって、今回は構文が語句を強調するパターンだからね。
文全体で語句を強調するんだ。



強調構文の基本

英語王子

文全体で語句を強調するための構文を「強調構文」と言うんだけど、強調構文の基本の形と訳はこんな感じだよ。



強調構文
英語王子

「~」の部分に強調したい語句を挿入し、残りの部分を that 以下の「…」に置くようにするんだ。



もぐら

構文の形としては、とってもシンプルな形だし、覚えやすそうだね!



英語王子

でもシンプルな分だけ、うっかり見逃しやすいので、用法をしっかりと確認しておこうね!



強調構文
「彼は昨日私のノートパソコンを借りていた」
英語王子

この英文の語句を、強調構文を用いて強調する場合、どの語句を強調するかで、3パターン作ることができるんだ。

強調構文は主語、目的語、そして副詞や副詞句といった、その他の修飾語も強調できるので、上の英文に当てはめてみると・・・

主語の He
目的語の my laptop computer
副詞の yesterday

という3つの語句を強調できることになるんだ。



もぐら

ということは、borrowed だけを強調するといった、動詞だけ強調というのは強調構文ではできないんだね。



主語の He を強調する場合

英語王子

It is ~ that … の「~」に強調したい語句を置けばいいのだからHe を挿入してみよう。
that 以下は強調された語句を取って、そのままの語順でつなげればOKだよ。

すると、こんな感じになるよね。



強調構文
もぐら

もともとの英文の時制が過去形だから、強調構文の時制も過去形にして、is → was としているところも注意すべきポイントだよね!



英語王子

そうだね、時制と動詞の形にも注意しないといけないね。
また、強調構文を訳す場合は、強調されている語句を際立たせて訳す必要があるよ。

つまり、
「昨日私のノートパソコンを借りていたのは彼だった」
と he に当たる部分を強めるように表現してね。



目的語の my laptop computer を強調する場合

英語王子

my laptop computer を強調するのであれば、「~」に my laptop computer を置き、that 以下には my laptop computer を抜いた英文を続ければいいんだ。

すると、強調構文はこんな感じだよ。



強調構文
もぐら

今度は my laptop computer を強調して訳さないといけないから・・・

「昨日彼が借りていたのは私のノートパソコンだった」

となるんだね!



副詞の yesterday を強調する場合

英語王子

これまでと同様のパターンで、今度は yesterday を強調構文に当てはめてみよう。



強調構文
もぐら

今度のは、yesterday が強調されているから、

「彼が私のノートパソコンを借りていたのは昨日だった」

・・・っていう感じかな?



英語王子

ちなみに、この場合なぜ yesterday を強調しているのかというと、書き手は、彼が私のノートパソコンを借りたのは、「今日」や「明日」ではなく「昨日」なんだ、ということを主張したいからなんだ。

つまり、強調構文の役割は語句の意味合いを強めること、特に言いたいことに当たるので、筆者の主張にも直接つながっているんだ。
だから、長文でも結論部分といった、ここぞという時に使われることが多いよ。

でも、逆にあまり多用しすぎると、安っぽい印象を与えてしまい、強調効果が薄れてしまうので注意しようね。



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。