having+過去分詞の分詞構文

英語王子

今回は分詞構文が「having+過去分詞」という形になっている場合について考えていこう。



もぐら

having っていうのは、have の分詞と考えていいモ?



英語王子

うん、いいよ。
完了形の場合、have や had が使われるよね。
その分詞だと考えてくれたらいいよ。



「having+過去分詞」は完了形の分詞構文

英語王子

一般的に副詞節と主節の時制が異なる場合にこの「having+過去分詞」は使われるんだ。



もぐら

副詞節と主節の時制が違う・・・って2つの節の動詞の形が違うってこと?



英語王子

とりあえず、具体例を交えて説明した方が分かりやすいので、例文を使って詳しく見ていこうね!



having+過去分詞の分詞構文
「彼は予約を確認するために歯医者に電話してから、駅に向かった」
英語王子

駅に向かうという過去の時点よりも、歯医者に電話した方が前なので、副詞節は過去のさらに過去で、過去完了になっているわけだよね?



もぐら

うんうん、過去完了は過去よりさらに前の出来事を表すんだもんね。



英語王子

じゃあ、この英文を分詞構文にするとどうなるかな?



もぐら

英文を分詞構文にする順序は確か・・・
副詞節の接続詞と主語を取るんじゃなかったっけ?

つまり、この場合なら After と he を取ればいいわけだよね! 



英語王子

そうだね!
次に動詞を分詞に変える必要があるんだけど、この英文のように副詞節が過去完了の場合は"had+過去分詞"の形になっているよね。
その場合、had を分詞にすればいいのか、それとも called の方を分詞にすればいいのかが迷っちゃうんじゃないかな?



もぐら

確かに、今まで完了形の分詞構文を見たことないから、分かんないや。



英語王子

この場合は had を分詞の having にするんだ。
そして過去分詞の called はそのままにしておいていいんだよ。

つまり、上記の英文を分詞構文にすると、次のようになるんだ。



having+過去分詞の分詞構文
英語王子

having という形は分詞構文くらいでしか見かけないけど、逆を言えば having があった場合は、分詞構文であり、かつ副詞節と主節の時制が違うんだろうな、と思ってね。



現在完了か過去完了かを見抜く

英語王子

今回の英文も副詞節は had called と過去完了で、主節は went と過去形となっているよね。
分詞構文で「having+過去分詞」が使われるパターンとしては、

● 副詞節が現在完了で、主節が現在形
● 副詞節が過去完了で、主節が過去形

という2通りがほとんどなんだ。



もぐら

じゃあ、having を見つけたら、現在完了なのか、それとも過去完了なのかをまず考えればいいんだね。



英語王子

分詞構文になっている副詞節だけを見ていても判断できないから、主節の時制にも目を向けてね。
そうすれば、主節が現在形なら、副詞節は現在完了だし、主節が過去形なら、副詞節は過去完了になるからね!



もぐら

2つの節の「時制のズレ」に注意ってことだね!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。