省略の基本

英語王子

英語では語句の繰り返しを避けるために、2回目以降の語句を省略することがあるんだ。
省略されるということは、その語句がなくても何を言いたいのかが分かるということだよね。



もぐら

でも、僕らは英語のネイティブじゃないから、その省略されている語句を読み取れないこともあるんじゃ・・・。



英語王子

うん、そうなると大変だよね。
ということで、今回は英文で省略されている箇所に意識を向ける練習をしてみよう!



前出語句の繰り返しを避けるための省略

英語王子

さっそく例文を交えて省略の用法を見てみよう。



省略の基本
もぐら

あれれ、if 節が you want to で終わっているよ?
普通、to 不定詞の後は動詞が続くよね??



英語王子

普通と違うということは、ここは省略が使われているんじゃないかと考えてみよう。
つまり、これまでの部分で、同じ動詞が使われているからこそ、ここで省略できるんだと考えてみて。

ちなみに、省略されている部分は必ずそれまでで使われているはずだからね!



もぐら

ということは、want to に続く動詞として use が省略されているのかモ?



英語王子

そうそう。
でも、use に続く目的語があるはずなので、use this copying machine が省略されていると考えよう。

だから、全訳は
「このコピー機を使いたいのならば、使っていただいて構いません」
となるよ。



省略されている部分を見抜く

英語王子

ちなみに、さっきの英文を語句の省略をせずに書き出すと、どうなるかな?



もぐら

えっと、、、
want to の後に use this copying machine を続ければいいんだから、以下のような英文になるよね!



省略の基本
英語王子

そうだね!
じゃあ、実際に書き出してみてどう思った?



もぐら

う~ん、確かに to 以下の部分を省略しないと、短い英文で use this copying machine の部分が繰り返されていて、すごく冗長な感じになるよね。



英語王子

だよね!

「簡潔に読みやすくする」という意味でも語句の省略が使われていることが分かったかな。
省略されている部分を飛ばして読解してしまうと、文意を読み取れなくなるから、英文で省略されていそうな箇所は適宜補いつつ考えるようにしようね!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。