呼応表現の力点

英語王子

今回は呼応表現の力点について詳しく見ていこう。



もぐら

「力点」って聞きなれない表現だけど、どういう意味なの?



英語王子

力点というのは、
「書き手の重点が置かれているところ」
と考えてね!



呼応表現の力点は動詞の形に影響を与える

not only A but also B の力点

英語王子

おなじみの not only A but also B という表現や、A as well as B という表現も、呼応表現の一種と言えるんだ。



呼応表現の力点
「生徒たちだけでなく先生もサッカーの試合に勝って喜んだ」
もぐら

not only A but also B は「AだけでなくBも」という意味だよね!



英語王子

よく知ってたね!
だから、主語は Not only the students but also the teacher「生徒たちだけでなく、先生も」となるよ。

さて、主語で not only A but also B という表現が使われているわけだけど・・・
A に当たる the students か、それとも B に当たる the teacher、
どちらに力点が置かれているか分かるかな?



もぐら

「生徒たちだけでなく先生も」っていう、英文の意味的には、どっちも同等扱いのように見えるんだけど…。



英語王子

続く be 動詞の形をチェックしてみて!
was と単数形になっているよね?



もぐら

ほんとだ!



英語王子

もし the students の方に力点が置かれているとしたら、were と複数形になっていないといけないよね?

でも、この場合は was となっているので、単数形の主語である the teacher に力点が置かれていることになるんだ。



もぐら

ということは、not only A but also B という表現では、B の方に力点が置かれるってことだね!



英語王子

その通り!
そのため、動詞も力点の置かれている主語と呼応させるようにしないといけないんだ。



A as well as B の力点

英語王子

では、今度は A as well as B という表現になると力点はどうなるかな?



呼応表現の力点
「先生と同様に生徒たちもサッカーの試合に勝って喜んだ」
英語王子

A as well as B は「Bと同様にAも」という意味だから、今度は A の方に力点が置かれることになるんだ。



もぐら

not only A but also B と力点の位置が逆なんだね。

だから力点の置かれている The students の方にあわせて、動詞が were となっているわけかぁ。



英語王子

もちろん、この力関係は主語じゃなくても同じことだよ。
not only A but also B や A as well as B という表現が目的語に含まれていたとしても、力点が置かれている箇所は一緒。

また、A や B には単語一語だけでなく、複数の単語がまとまりとなった「句」になることもあるけど、力点は同じ箇所になるからね。



either A or B と neither A nor B の力点

英語王子

では、最後に・・・

either A or B「AかBかどちらか一方」
neither A nor B「AもBもどちらもない」

この2つの表現を含む部分が主語になった場合、動詞は A か B のどちらに合わせればいいか分かるかな?



もぐら

うーん、どっちだろう?
Aかな?



英語王子

残念!
答えはどちらの表現でも B の方になるんだ。



呼応表現の力点
「あなたも私もその計画がうまくいくだろうとは確信していない」
英語王子

主語は Neither you nor I だから、動詞は力点の置かれている I の方にあわせて、am となっているよね。



もぐら

うっかり間違えて、you nor I で複数形のように考えて、are としてしまいそうだから、注意しないといけないね。



英語王子

力点が置かれているというのは、言い換えれば書き手が重きを置いている箇所が分かるということ。
だから、力点が分かれば、文脈をたどるヒントにだってなるんだ。

特に、長文の文脈を読み解く手がかりは、こうした呼応表現の力点にも隠されていることもあるから、意識してみるといいかもしれないね。



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。