接続詞の後の省略

英語王子

接続詞の後って普通は主語と動詞が続くものだよね?



もぐら

うんうん。
when I go to ~ とか、before you buy ~ みたいに、
when や before といった接続詞の後にはたいてい主語と動詞が続くモ!



英語王子

でも、時にはその主語と動詞が省略されることがあるんだ。
今回はその用法を見ていこう!



接続詞の後の主語と動詞を省略できる条件

英語王子

接続詞の後に主語と動詞が省略されることがあるんだけど、
まずは次の例文で接続詞とその後の主語と動詞を確認してみよう。



接続詞の後の省略
「彼女はとても疲れていたが、英語の勉強を続けた」
英語王子

さて、この英文で、従属節(副詞節)と主節はどこだか当たるか分かるかな?



もぐら

接続詞で導かれている節が副詞節、接続詞がついていない方が主節だよね。
だから、

【副詞節】
Though she was so tired,

【主節】
she kept studying English.

だよね!



英語王子

大正解!
実はこの英文は Though「…だけれども」という接続詞の後の she と was を省略することができるんだ。
つまり、以下のように書き換えることができるよ!



接続詞の後の省略
もぐら

ほんとに、Though という接続詞の後の主語と動詞である she was が省略されているモ。
これでも英文として成立するんだね。



英語王子

こんな感じで、接続詞の後の主語と be 動詞が省略されることがあるんだけど、どんな接続詞でもこの用法が使えるわけじゃないんだ。



もぐら

どんな条件があるの?



英語王子

この省略が使えるのは、though の他に、
when、while、if、unless
といった接続詞が使われている場合のみなんだ。

そして、副詞節を導く接続詞の時だけということも忘れてはいけない条件だね。



名詞節を導く接続詞の場合

英語王子

ここまでの内容を踏まえて、次のような英文の場合は省略できるかどうか考えてみよう。



接続詞の後の省略
「まだ良い席が取れるかどうかは分からない」
英語王子

この場合の if 以降は副詞節ではなく、
if good seats are still available という節全体が
know という動詞の目的語のようになっているよね?



接続詞の後の省略
もぐら

うん、確かに。



英語王子

こういう場合は副詞節ではなく名詞節となり、
if の意味も「もし…ならば」という仮定の意味ではなく、
「…かどうか」という whether と似た意味になるんだ。



もぐら

そうか、副詞節じゃないから、if の後の good seats are の部分は省略することができないんだね。



英語王子

そもそも省略してしまうと、

I do not know if still available.

となり、「何がまだ利用可能なのか」ということが分からなくなっちゃうよね?

つまり、この例からも接続詞の後の主語と be 動詞が省略されるためには、

「副詞節の主語と主節の主語が同じでなければいけない」

という条件が導きだされるんだ。



もぐら

確かに、そう言われてみると、最初の例文は

Though she was so tired, she kept studying English.

と、Though から始まる副詞節と、she kept 以下の主節が同じ she という主語だったモ!



英語王子

だから Though の後の she was を省略しても、文意を取ることができるわけだね!
この用法は入試だけでなく、TOEICの文法問題でもよく出題されるから、しっかりと覚えておこうね。



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。