動名詞の意味上の主語

英語王子

今回は動名詞の主語について見ていこうね。



もぐら

動名詞の主語って・・・その英文の主語ってことでしょ?



英語王子

いやいや、実は英文の主語と動名詞の主語が異なることもあるんだよ。



動名詞の意味上の主語の特徴

英語王子

動名詞の動作をする主体が、その英文の主語とは別の場合があるんだけど、区別をつけるために、動名詞の主語を
「動名詞の意味上の主語」
なんて言い方をするよ。
まずは、英文で用法を確認してみようね。



動名詞の意味上の主語
「彼がノーベル賞を受賞することを私たち全員が確信している」
英語王子

この場合、英文自体の主語は All of us で、それに対応する動詞は are だよね?
でも、それとは別に receiving という動名詞の主語は直前の his になるんだ。



もぐら

動名詞 receiving の主語は、All of us じゃないんだね。



英語王子

だから、receiving a Nobel Prize「ノーベル賞を受賞する」
のは All of us ではなく、his となり、
his receiving a Nobel Prize は「彼がノーベル賞を受賞すること」
となるよ。



もぐら

動名詞の意味上の主語の見分け方ってあるの?



英語王子

動名詞の意味上の主語は

(1)動名詞の直前に置かれる
(2)所有格の形をしている

この2点を押さえれば大丈夫!



もぐら

確かに、his は receiving の直前に置かれてるし、he ではなく、his という所有格になっているモ。



英語王子

また、口語では所有格より目的格の方がよく使われるよ。
つまり、his を him にして、

All of us are sure of him receiving a Nobel Prize.

としても同じ意味になるんだ。



動名詞の意味上の主語が普通の名詞の場合

英語王子

次に、動名詞の意味上の主語が I や he といった代名詞ではなく、普通の名詞の場合はどうなるのかを見ていこう!



動名詞の意味上の主語
「同僚がノーベル賞を受賞することを私たち全員が確信している」
もぐら

今度は receiving の主語が the colleague「その同僚」という名詞になっているんだね。
でも、この場合は所有格にすると、the colleague's となるんじゃないの?



英語王子

もちろん、それでもOKなんだけど、
このようにそのままの形で意味上の主語になることもあるんだ。

特に無生物主語の場合はそのままの形のことが多いので、所有格、そのままの形、どちらの形でも動名詞の意味上の主語になり得ることを覚えておこうね!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。