同じものを比べる原級表現

英語王子

原級表現は2つのものを比べて、程度や数量が同じくらいの状態を表す用法だよ。
as ~ as という表現を使うのが特徴なんだ。



もぐら

as ~ as ということは2つの as の間に何か言葉を入れるの?



英語王子

うん、たいてい形容詞か副詞が来ることが多いよ。 例文を交えて確認してみよう!



原級は同じくらいのものを比較する表現

原級表現
英語王子

as と as の間に interesting「面白い」という形容詞があるよね。そして2つ目の as 以降に主語と比較する対象を続けるんだ。
つまり、この場合なら This movie「この映画」と比較されているのは that one「あの映画」ということになるよね!
訳し方は「AはBと同じくらい~だ」とすれば大丈夫だよ。



もぐら

「この映画はあの映画と同じくらい面白い」でいいのかな?



英語王子

そうだね、その訳し方で問題ないよ。
ちなみに2つ目の as は接続詞の as なんだ。
だから、as の後ろは本当なら主語と動詞の形じゃないといけない。



もぐら

あれれ、that one だけで、動詞が見当たらないけど……。



英語王子

そうだね。本来は以下のような英文になるんだ。



2つ目の as 以下に省略されている動詞を書き出す

原級表現
英語王子

でも2つ目の as 以下の動詞が前の部分と同じ場合は省略することができるんだよ。
この場合だと、This movie is の that one is の is は同じ be 動詞だよね!



もぐら

そうか、だから that one is の is が省略されて that one だけになっているんだね。



英語王子

ちなみに1つ目の as は副詞で「同じくらい」という意味で使われているけど、A … as ~ as B で「AはBと同じくらい~だ」という構文だと覚えてしまった方がいいだろうね。



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。