呼応表現の基本

英語王子

今回扱うテーマの呼応表現は英文を読解する上で見逃してはいけない要素なんだ。



もぐら

「呼応」ってそもそもどういう意味?



英語王子

呼応というのは、対比している、つまり対になっている関係と同意と捉えればいいよ。
英文で何と何が対の関係になっているのか、見極めていこうね!



英文読解の大きなヒントとなる呼応表現

英語王子

英語で呼応する表現にはお決まりのパターンがあるよ。
例えば、some ではじまる主語を見かけたら、次に others で続く主語が来るだろう、と頭の中で予測できる人はかなりの英語力の持ち主かも。



もぐら

えっ、なんで?



英語王子

だって、some と others はとても仲良しでよく一緒に使われるからね!



助動詞の働き
英語王子

まず前半部分で Some people とあるよね。
これは「何人かの人々は」と訳してはいけないんだ。



もぐら

だって、some って「いくつかの;何人かの」って意味でしょ?



英語王子

そうなんだけど、この場合は「…する人もいる」という意味になるんだ。
つまり、「このダイエット法でやせることができる人もいる」となるよね。



もぐら

じゃあ、後半の others の部分はどうなるの?



英語王子

others は other people の略だね。
ということで、Some people と対比的に使われていることになり、こちらも「…する人もいる」と訳してほしいんだ。
つまり、前後をつなげると全訳は以下のようになるね。

「このダイエット法でやせることができる人もいれば、すぐにリバウンドする人もいる」



もぐら

なるほど。
この場合は some と others が呼応しているんだね。



英語王子

そうだね!
この Some ~, others … は「~するものもいれば、…するものもいる」が定訳となっているので、覚えておいてね。



もぐら

そっか!
この表現さえ知っていれば、some ではじまる主語が来たら、
「次に others が待っているかも・・・」
と心の準備ができるモ!



英語王子

こうした呼応している表現は、呼応している部分が「対の関係」になっており、似たような構造になっていることが多いもの。

「名詞と名詞」「句と句」「節と節」

といったように、対となっている部分は構造も似ていることが多いんだ。



もぐら

そういえば、さっきの例文でも Some と others の後にはそれぞれ節が続いていたような…。



英語王子

対比表現がヒントとなって、構造も意味も前後で対比的な感じになると予測がつけば、英文を読むスピードもぐぐんと上がるはずだよ!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。