動詞+名詞の表現

英語王子

今回は名詞構文でも、動詞と名詞がセットになるケースについて見ていこう!



もぐら

動詞に名詞が続く表現はよく見かけるよ。



英語王子

たとえば日本語だと「ほほえむ」を動詞一語で表せるけど、英語だと“give a smile”と動詞+名詞で表すことがあるよね。
英語にはこの動詞に名詞がつくパターンの表現が実はとっても多いんだ。



動詞+名詞の主な意味は名詞が表す

動詞+名詞の表現
「彼女は製造費を削減しようと努力した」
英語王子

この英文では「努力する」という動詞を make という動詞と effort という名詞で表現しているのが分かるよね!
直訳するとどうなるかな?



もぐら

えっと、make が「~を作る」という意味だから、「努力を作る」となるけど……。



英語王子

それだと変だから、「努力する」となるよね。
英語ではこのように make や give、他にも have、take といった動詞が名詞を伴って1つの動詞のような意味になることが多いんだ。

他の表現も見ていこう!



動詞+名詞の表現
もぐら

make という動詞に続いて a phone call という名詞が続いているけど、これも単純に「電話する」でいいのかな?



英語王子

そうだよ。
make の意味をあれこれと考えて、あえて訳出しないようにしよう。

だから、全訳は
「上司の代わりに彼に電話するつもりだ」
となるよ。



動詞自体にはあまり意味がない?

もぐら

make efforts といい、make a phone call といい、
なんか動詞にはあまり意味ない感じがするね。



英語王子

うん、そうなんだ。
この"動詞+名詞"の用法では動詞自体の意味はあまりないんだ。
試しに先ほどの例文で動詞を取ってみると、a phone call となりますが、名詞の a phone call 自体ですでに「電話」という意味を表しているもんね!

逆に名詞をとってしまうと?



もぐら

I am going to make to him … となるから 意味がぜんぜん通じないね(笑)。



英語王子

ここにも英語は名詞中心の言語である理由が垣間見られるわけだけど、このような名詞構文の場合でも、動詞の意味にまどわされないように意味を捉えようね。



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。