指示語の基本用法

英語王子

今回は指示語について説明していくよ。
まぁ、指示語と一言でいってもいろいろな種類があるんだけどね。



もぐら

指示語って it とか them とかのことでしょ?



英語王子

そうそう、他にも
this や that の指示代名詞
I、we、he、she といったおなじみの人称代名詞
who や which といった関係代名詞
も人や物を指しているという点で、指示語に分類されることもあるんだ。

では、なぜ英語では指示語がよく使われるのかと言うと、英語では同じ語句を繰り返すことをよしとしない傾向があるからなんだ。



もぐら

それは、日本語でも同じだよね!



英語王子

そうだね、同じ語句ばかりを繰り返していると表現がくどくなっちゃうしね。

そうしたくどさの解消のために指示語を使うことで、簡潔に分かりやすく伝えようとすることができるんだ。
さて、指示語は基本的に前に出てきた語句を受ける、といことを次の例文を交えて見ていこう。



単体の語句を受ける指示語

指示語が指す語句を見極める

指示語の基本用法
英語王子

上の英文の指示語は that だよね! さてさて、この that は何を受けているのでしょうか?



もぐら

うーん、the shape じゃないかな?



英語王子

正解! この that は The shape を受けているんだ。
つまり、指示語が指すものを書き出すと次のようになるよね?



指示語の基本用法
もぐら

う~ん、短い文中に the shape of という同じフレーズが2回も出てくると、確かにくどい感じがするモ~。



英語王子

でも、この英文を訳すと、「イタリアの形はブーツのそれに似ている」とするよりは、「イタリアの形はブーツの形に似ている」と that が指すものをきちんと訳出してあげた方が分かりやすくないかい?



もぐら

本当だね。英語では指示語で簡単に表すのに、それにつられて日本語でも簡単に訳すと、なんか分かりにくいや。



英語王子

that は「それ」という意味だけど、訳す際も「それ」のままでは何を示すのかちょっと分かりにくいよね? だからそんな場合は指示語が指すものをあえて訳出してあげると、日本語として分かりやすくなるんだよ。



句や節を受ける指示語

英語王子

さっきは、指示語は the shape という語句だけ受けていたけど、句や節といったまとまりごと受けることもできるんだよ。



指示語が前の内容を受ける場合

指示語の基本用法
英語王子

the truth about the incident は「事件の真相」という意味なので、第1文は「誰が彼女に事件の真相を話すのか」となるね。 第2文の That が指示語になるわけだけど、この That はさっきのように単体の名詞を受けているわけではないんだ。



もぐら

えっ、それじゃあ第1文のどこを受けているの?



英語王子

実は第1文をまるまる受けて
「それ(誰が彼女に事件の真相を話すのか)が問題だ」
と言っているんだよ。



もぐら

文全体ってすごいモ!! 指示語って語句だけではなく、内容そのものを指すこともあるんだね~。



英語王子

このように何でも受けられる便利な指示語だけど、名詞単体だけでなく、前出の句や節といった英文全体を受ける場合もあるので、何を指しているのか、文脈を読み取って見極めるようになろうね!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。