再帰代名詞

英語王子

今回のテーマは代名詞の1つである「再帰代名詞」について詳しく説明するね。



もぐら

「再帰代名詞」という名称ははじめて耳にしたモ!



英語王子

あまり聞き慣れないかもしれないね。
再帰代名詞とは myself や yourself など、my などの所有格の後に self のつく表現のことを言うんだ。



再帰代名詞の基本的な用法

英語王子

再帰代名詞を一番よく目にするのは、主語と目的語が同じ人物を指す場合だよ。



再帰代名詞
英語王子

主語が She で目的語も同じくShe なので、herself で代用しているんだ。



もぐら

仮に She found her in ~ としたらダメなの?



英語王子

もしそうしたら、her は別の女性を指しているような印象を受けるちゃうんだ。
主語と目的語が同一人物の場合は、このように再帰代名詞を使うようにしようね。

ちなみに、この再帰代名詞は「~自身」という意味だと辞書には書かれているけど、実際に和訳する際には、そのように訳すことはほとんどないんだ。



もぐら

じゃあさっきの例文だと

「彼女は彼女自身が見知らぬ部屋にいることに気づいた」

とはならないってこと?



英語王子

意味は十分に分かるけど、日本語としてどうもぎこちないよね?

「彼女は見知らぬ部屋にいることに気づいた」

と herself を無視して訳した方が自然だし、何かの語句をあえて添えるならば、

「彼女は自分が見知らぬ部屋にいることに気づいた」

といったように「自分が」といった訳語を補ってあげた方が自然だよね!



もぐら

なるほどね~。
再帰代名詞は辞書通りに忠実に訳すと、不自然な日本語になることが多いってことだね。



動詞と再帰代名詞の組み合わせ

再帰代名詞
英語王子

上の例文は、動詞と再起代名詞を一緒に用いた表現になるけど、devote yourself to ~ の yourself をそのまま「あなた自身」と訳してしまうと…どうなるかな?



もぐら

えっと……

「あなたはあなた自身をその開発プロジェクトにささげるべきだ」

となり、少し不自然な感じだね。



英語王子

devote oneself to ~ は「自分自身を~にささげる」から「~に専念する」と訳すのがほぼ定石となっているんだ。ということで、

「あなたはその開発プロジェクトに専念すべきだ」

とすると、ずいぶんと自然で読みやすくなったよね!

devote oneself to ~ のような「動詞+再帰代名詞+前置詞」という組み合わせの表現は結構たくさんあるから、訳し方には気をつけよう。



再帰代名詞の強調する用法

英語王子

再帰代名詞は、主語や目的語で使われた名詞を強調する役割をすることもあるんだ。



再帰代名詞
「この作文の宿題はあなた自身がやったのですか」
英語王子

文末にある yourself は、主語である you を強調して「あなた自身が」というニュアンスを出しているんだ。



もぐら

なるほど!
再帰代名詞を使うことで「あなたが自分でやったの?」ということをあえて強調して、聞いているわけだね。



英語王子

再帰代名詞はこのように、名詞や代名詞と一緒に使われて強調的な意味合いで使われることがあり、その際は文末に置かれたり、その語句の直後に置かれたりするよ。



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。