前置詞 on

英語王子

英文法の中でも難しい項目である前置詞。
今回は on について見てみよう。



もぐら

前置詞 on というと「~の上」という訳が真っ先に思い浮かぶけど・・・。



英語王子

だよね!
そして、on の基本イメージはまさに
「上に乗っている」
そんな感じなんだ。



前置詞 on のイメージは上に乗ったり、接したり?

英語王子

じゃあ早速、英文を交えて前置詞 on のイメージをつかんでみよう。



前置詞 on
「机の上にガラスの花瓶が置かれている」
もぐら

机の上に花瓶が乗っているから、
前置詞は on が使われている・・・んだよね?



英語王子

まさに基本イメージに沿った on の使われ方と言えるね!
じゃあ次のような英文の on はどう捉えるかな?



前置詞 on
「壁にかかったその時計は正確だ」
もぐら

う~ん、上に乗っている・・・というよりは、
時計が壁に触れている感じかな。



英語王子

僕たちの感覚では壁に乗っているという感じではないよね。
乗るというと、どうしても上に乗るイメージがあるし、そもそも壁の上に乗る、というのがピンとこないしね。
でも、ネイティブはこれを乗っていると解釈するんだ。

むしろ、乗っていると考えるから難しいわけで、「接している」と考えた方がいいかも。



もぐら

ということは、さっきの英文も花瓶が机の上に接して乗っているってことかぁ!



on のイメージの応用

英語王子

on の接触のイメージは空間的にだけでなく、時間的にも応用されることもあるんだ。



前置詞 on
英語王子

on …ing は「…するとすぐに」という意味になるから、
「飛行機に乗るとすぐに席に着いた」
というのが全訳になるんだけど、この on は時間的な「接触」を意味しているんだよ。

「…するとすぐに」という意味からも
board the plane「飛行機に乗る」という行為と
went to my seat「席に着いた」という行為が、on によって時間的に隣り合って接している感じがイメージできるよね!



もぐら

前置詞 on は「接している」というイメージの元、さまざまに派生して使われることが多いんだね。
単に「乗っている」という感覚だと、分かりにくい例も、この接触のイメージを持てば、理解しやすくなった気がするモ!



影響が接するときの前置詞 on

英語王子

最後にちょっと変わった on のイメージも紹介しておくね。



前置詞 on
英語王子

主語の Living in foreign country は「海外での生活」
それが had a great influence on me「私に多大な影響を及ぼした」ということだよね。

ただし、主語が無生物主語なので、訳し方を工夫して

「海外での生活が私に多大な影響を及ぼした」
 →「海外生活で私はかなりの影響を受けた」

としてもいいだろうね!



もぐら

この on の用法だけど、「接している」というイメージとつながらないような・・・。



英語王子

ちょっと発想を変えてみる感じで、
ここは a great influence が me に接している、
つまり、「大きな影響」が「私」に接している、そんな感じなんだけど・・・。



もぐら

なるほど、それはさすがにちょっと想像つかなかったモ(笑)。
だから、on が使われているんだね。

でも、「影響」はハッキリとした形のある物体ではないから、接するというのが、ちょっと分かりにくいかも。



英語王子

こうした「接している」から派生した「影響している」という意味で使われる on は他にもあるよ。

effect on、impact on、emphasis on
など、どれも「影響」に似たような語句とセットで使われているのが特徴だね!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。