動名詞が表す時の違い

英語王子

今回は動名詞の形から見て取れる時間軸の違いについて見ていこう。



もぐら

時間軸の違いってどういう意味?



英語王子

動名詞の形によって時制にズレが生じることがあってことだよ。
じゃあ詳しく説明していくね!



動名詞の形で分かる時制のズレ

英語王子

動名詞の意味上の主語では次のような英文を使ったよね。



動名詞が表す時の違い
「彼がノーベル賞を受賞することを私たち全員が確信している」
英語王子

この英文では receiving の主語は his で、この his が動名詞の意味上の主語、つまり動作主ということだったよね?



もぐら

うん、そうだモ。



英語王子

この英文では「彼がノーベル賞を受賞すること」となっていることからも、彼はこれからノーベル賞を受賞するかもしれない、という未来のことを述べていることになるよね。

つまり、All of us are sure of ~ という主文の時制が現在なら、his receiving a Nobel Prize という動名詞のまとまりは、現在より少し未来の話をしているってことなんだ。



もぐら

あからさまな未来形じゃないけど、訳から考えるとそうなるよね。



英語王子

これを踏まえて、もし主文の時制と動名詞との時制が違う場合、特に動名詞が主文の時制より以前の内容を指す場合はどうすればいいか分かるかな?

その秘密が次の例文に隠されているよ。



動名詞が表す時の違い
もぐら

んんん!?
動名詞の部分が having received という形になっているけど…?



英語王子

よく気づいたね!
動名詞が「having+過去分詞」という形になっている場合、主文の時制、つまりこの場合なら、He is proud of ~ の部分より前のことを示していることになるんだ。

He is proud of ~ は「彼は~を誇りに思っている」という現在形だから、それより前ということで、過去のことを表していることになるんだよ。



もぐら

ということは、having received a Nobel Prize は
「ノーベル賞を受賞する」ではなく、
「ノーベル賞を受賞した」となるんだね!



英語王子

そうだね!
だから、全訳は
「彼はノーベル賞を受賞したことを誇りに思っている」
となるんだよ。

主文と動名詞の時制のズレは、時間軸上で見てみると分かりやすいよ。



動名詞が表す時の違い
もぐら

「ノーベル賞を受賞した」のは「彼が誇りに思っている」時点より、前の出来事だから時制にズレが生じるんだね~。
そのズレが見た目で分かるように、動名詞の形が
「having+過去分詞」となっているわけか・・・なるほどね!



主文が過去形で動名詞がさらに前の過去を示す場合

動名詞が表す時の違い
英語王子

これは、先ほどの英文の主文の部分を過去形にしたわけだけど、今度は主文が He was proud of ~ と過去形だから、
having received a Nobel Prize の部分は・・・



もぐら

もしかして、過去よりさらに過去ということ?



英語王子

その通り!
つまり、ノーベル賞を受賞したのは、誇りに思っていた時よりもさらに前の出来事ということだね!

過去よりさらに過去のことを「大過去」なんて言ったりもするけど、普通なら過去完了などを用いて表す時制になるよね。



もぐら

ということは、全訳は
「彼はノーベル賞を受賞したことを誇りに思っていた」
ってな感じになるんだね!



英語王子

ちなみに、この英文を時間軸上で見るとこのような感じだよ。



動名詞が表す時の違い
もぐら

軸となるのは、主文が現在形か過去形かということなんだね!
動名詞部分の形は「having+過去分詞」で同じだから、主文の時制を軸にして、動名詞の時制も考えないといけないね。



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。