助動詞 would の用法

英語王子

今回は助動詞 would の用法について見ていこう!



もぐら

助動詞の中でも would って訳しづらいんだよね。



英語王子

試験の長文でもよく使われる would だけど、たくさんの意味があるため、どれを当てはめればいいか分からなくなる人も多いよう。今回はよく使われる代表的な用法を紹介していくね。



さまざまな意味を持つ多義語の would

過去から見た未来を示す would

英語王子

would の意味の中でも一番オーソドックスなのが、will の過去形の用法じゃないかな?
要は「過去から見た未来」に対して用いる would だね!



助動詞 would の用法
「彼女は仕事で昇進するだろうと私は思う」
助動詞 would の用法
「彼女は仕事で昇進するだろうと私は思った」
英語王子

上の英文を過去形にすると、下の英文になるんだ。



もぐら

過去形だから、冒頭部分は

I think → I thought

とすればいいんだよね!



英語王子

ちょっと待って!!
同様に、that 節も時制の一致で過去時制にしないといけないよ。



もぐら

そっか! will の過去形は would になるから

she would get a promotion at work

とすればいいんだね!



英語王子

would は過去から見た未来を示すんだけど、この would も will のように和訳する際は「…だろう」のままで大丈夫だよ。
時制の主軸は I thought にあるので、その過去の時点から「…だろう」ということで、過去から見た未来を表現できるんだ。



現在時制で推量を表す would

英語王子

次に現在時制で使われる would について見ていこうね。



助動詞 would の用法
英語王子

英文の時制は何だろうね?



もぐら

When 節では When you travel abroad「あなたが海外旅行するとき」とあるから、現在時制だよね。



英語王子

そうなると、this phrase would be helpful for ~ の主節の時制も現在時制になるよね。
つまり、この would は現在形の英文で使われていることになるんだ。



もぐら

あれ?
さっきは過去時制で使われる would だったから、過去から見た未来を示す用法を当てはめればよかったけど。今回は現在時制なので、それができないモ!



英語王子

実は、この would は「丁寧な表現」や「弱い推量」を示す would で、これも「…だろう」と訳すことができるんだ。
したがって、全訳は以下のようになるよ。

「あなたが海外旅行をする際、この表現は自己紹介をするのに役立つだろう」



もぐら

現在時制の英文で使われる would も「…だろう」とは訳すみたいだけど、ニュアンスはどう違うの?



英語王子

過去時制の would:過去から見た未来を表す「…だろう」
現在時制の would:丁寧な表現や弱い推量を表す「…だろう」


「推量」だから、can や may などでも訳される「…だろう」に近い感じで捉えるといいよ。ただし、あくまで現在のことについての「…だろう」ということは留意しておこうね。



もぐら

いろんな意味を持つ would だけど、これからは長文で出くわしたら、どの意味に当てはまるのかを考えるようにしてみるね。



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。