助動詞 must の用法

英語王子

must という助動詞を見たことあるよね!



もぐら

あるよ。
助動詞の中でも、ちょっと強いニュアンスを含んでいるよね。



英語王子

must には複数の意味があるので、文脈によって使い分ける必要があるんだ。



助動詞 must の使い分け

義務を表す must

英語王子

1つ目は must といえばというくらい代表的な「…しなければいけない」という義務の意味だよ。



助動詞 must の用法
英語王子

suitable for the occasion は「その場にふさわしい」という意味で、clothes を修飾しているよ。
suitable は形容詞だけど、for the occasion という語句が続くこともあって、後ろから名詞を修飾している形だね。



もぐら

だとすると、この must は「…しなければいけない」という義務の意味だから、

「その場にふさわしい服を着なければいけない」

と、訳はこんな感じになるよね。



英語王子

この義務を表す must と同様の意味で、have to … というのがあるんだ。



もぐら

must と have to … は同じような意味だから、よく書き換えの問題をやらされたことがあったよ。



助動詞 must の用法
英語王子

だから、さっきの英文はこんな感じい書き換えることができるんだけど・・・
ニュアンス的には微妙に違うんだ。



もぐら

えっ、そうなの?



英語王子

have to … の方が周囲の状況から、そうしなければいけない、という客観的な感じが強くなるんだ。

だから、この英文も have to … とすると、服装に関する規則や決まりがあって、ふさわしい服を着ないといけないんだ、という感じになるんだよ。



もぐら

じゃあ、must にしたらどうなるの?



英語王子

must を使うと、have to … に比べて少し堅い感じになるんだ。
ほぼ同義で使われるけど、must の方が堅い分、会話より書く時に使われることが多いかもね。



推量を表す must

英語王子

2つ目は推量の意味の must で、「…に違いない」と訳すんだ。
でも、意味的には「推量」ってところがポイントになるんだ。



助動詞 must の用法
英語王子

according to his resume は「彼の履歴書によると」ということ。
この must は「…に違いない」と訳すので、訳は以下のようになるよね。

「履歴書によると、彼は4か国語を話すに違いない」

でも、このままだと語尾が「履歴書によると」の部分とつながらない気もするので、

「履歴書によると、彼は4か国語を話すのだろう」

と推量の感じを強めた訳にしてもいいと思うよ。



もぐら

あれれ、助動詞は will や may にも推量の意味がなかったっけ?



英語王子

そうなんだ。そこがややこしいところなんだけど、
訳し方は同じ「…だろう」となっても、must は will や may よりもはるかに確実性の高いニュアンスなんだよ。



もぐら

日本語訳だけを追っていると、こうしたニュアンスの部分を見落としがちになりそうだね。助動詞1つのニュアンスにも気を配るようにしないといけないモ!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。