仮定法現在

英語王子

仮定法・・・というと主節で would や could を使ったり、過去と言いつつ現在のことだったり、というややこしいイメージがあるかもしれないけど、今回扱う仮定法現在はわりと単純なんだよ。



もぐら

う~ん、仮定法過去や仮定法過去完了は聞いたことがあっても、「仮定法現在」ってあまり耳にしたことがないモ!



英語王子

それだけ使われ方がかなり限定的だからね。
だから、パターンさえ覚えれば、それほど難しい英文法じゃないよ。



現在や未来に関する不確実な仮定

英語王子

仮定法現在は一般的な仮定法のように事実に反する仮定や願望を意味するわけではなく、現在や未来に関する不確実な仮定や想像を表しているんだよ。



仮定法現在
「彼は彼女がその賞を受け取るよう提案した」
もぐら

確かに英文だけ見ると、仮定法に見られるような事実に反した仮定ではないね。



英語王子

彼女がその賞を受け取るかどうか・・・
あくまで提案段階であり、この英文で述べられている過去の時点ではそれは不確定で、どちらに転ぶのかが分からないよね?

だから仮定法現在が使われているんだけど・・・上の英文を読んで、普通の英文であればあり得ない点が1つあるよね?



もぐら

うーん、that 節の動詞の形に違和感があるなぁ。

だって、動詞 proposed の形から、この英文は過去時制のはず。
当然、that 節も時制の一致で過去形になるのに、accepted とは・・・なっていないよね?



英語王子

大正解。
このように、仮定法現在が使われている英文では、動詞の後に続く that 節で動詞の原形が使われるんだ。
そして、主語の形、英文の時制に関係なく強制的に原形になるということを覚えてね。



もぐら

それにしても、どういう時に仮定法現在を使えばいいの?



英語王子

それは使われている動詞に注目してね。

propose の他に、insist、suggest、demand、request、order、advise、recommend といった提案・要求を示す動詞の後に、目的語に当たる that 節が続くと、その that 節の中の動詞には仮定法現在が適用されるんだ。



仮定法現在と should

英語王子

提案・要求の内容の that 節では、仮定法現在を使わずに、should が用いられることもあるよ。



仮定法現在
「彼は彼女がその賞を受け取るよう提案した」
英語王子

間違いで多いのが、この should を「…すべきである;…のはずである」と解釈しちゃうケースだね。



もぐら

そっか!
仮定法現在で that she accept the award となる場合と同じ意味だとしたら、この should には特に意味がないってことになるよね。



英語王子

そうだね。
こうした特に訳出する必要のない should は「It is 形容詞 that …」という形の構文でも使われるよ。



仮定法現在
「締切に間に合わせるのは重要なことである」
英語王子

このように、「It is 形容詞 that …」構文で that 節が、「必要なこと」「重要であること」「当然であること」といった内容になる場合、should が用いられることがあるけど、この should も特に訳す必要はないんだ。



もぐら

訳さないといけない should なのか、それとも訳す必要のない should なのか、構文の形からしっかりと見極めないとダメってことだね!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。