仮定法過去

英語王子

今回は、仮定法で一番基本的な用法である仮定法過去について見ていこうね。



もぐら

「仮定法過去」ってことは過去時制なんだよね?



英語王子

いやいや、違うよ。
仮定法過去は過去という文言がついているけど、現在に関して述べているんだ。
そのあたりも詳しく解説していくからね!



仮定法過去の基本ルール

英語王子

まずは仮定法過去の基本的な形を見ていこう!



仮定法過去
「もし彼女も一緒に来たら、もっと楽しくなるだろうに」
英語王子

If のある副詞節(条件節)では過去形が使われ、
主節では would(could、might)の後に動詞の原形が続くんだ。

If 節の動詞が過去形になるから、仮定法過去と呼ばれるけど、実際は現在のことについて述べているんだよ。
だから訳も「もし彼女も一緒に来たら、…だろうに」となっているよね!



もぐら

なるほどね!
形だけが過去形であって、意味的には現在時制なんだね~。



英語王子

そうだよ、だから「もし~なら、…だろうに」というのがお決まりの訳し方なんだ。
こうして現在の事実に反する仮定を述べているんだね。

この場合なら「もし彼女も一緒に来たら」と言っているけど、実際はそんなことはないだろう、つまり「彼女は一緒に来ないんだけど…」という気持ちが込められているわけだね。



副詞節に be 動詞が用いられる場合

英語王子

仮定法過去で If 節が be 動詞の場合はちょっと気をつけてほしいんだ。



もぐら

過去形にすればいいんだから、was とか were にすればいいんでしょ?



英語王子

半分は正解かな。
実際は was になるところも were にしてほしいんだ。
話し言葉では was が使われることもあるけど、原則として were しか使われないんだよ。

例えば以下の英文の( )に入れるべき be 動詞は何かな?



仮定法過去
「もし私があなたの立場なら、今回の人事異動に反対するだろうに」
もぐら

If 節の主語は I だけど、仮定法過去だから were にしないといけないんだね!



英語王子

うん、正解!
逆に言えば、主語が I や he なのに were が続いていたら、「これは仮定法過去だな」って見抜くヒントにもなるよね。



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。