最上級を強める副詞

英語王子

今回は最上級の意味を強める副詞について見ていこう。



もぐら

比較級の意味を強める副詞があったけど、最上級にもあるんだね。



英語王子

最上級の意味自体が「最も~」なのに、さらにその意味を強めるというのもおかしな話なんだけどね(笑)。



最上級の程度を強める副詞は直前に置かれる

英語王子

最上級とは、3つ以上ある中から一番のものを決める用法だったよね!
そして、「the+最上級」というのが最上級の基本の形なんだけど、副詞の中には、この最上級の程度をさらに強める用法があるんだ。



最上級を強める副詞
英語王子

この場合は by far という部分が the best という最上級を修飾して、どれだけ優れているか、その程度を強めているんだよ。
比較対象となるのは、in her volleyball club「彼女のいるバレーボール部」だから、バレーボール部の他の選手たちと比べて、ってことだね!



もぐら

最上級自体が、「一番~」という意味なのに、さらにそれを強めるって…
この by far はどう訳せばいいの?



英語王子

確かに、難しいところだよね。
よくあるのは、「まさに」とか「ずば抜けて」といった訳語が使われるよ。

ということで、全訳は

「ミシェルはバレーボール部の中で、ずば抜けて一番優秀な選手である」

となるよ。



もぐら

最上級を強める副詞として by far 以外には何があるの?



英語王子

by far の他には、

much、almost、far、nearly、quite

などがよく使われるかな。



もぐら

much は比較級を強める副詞としてもおなじみだけど、最上級を強める役割もあるんだね!



英語王子

こうした副詞は比較級と一緒で必ず修飾する最上級の前に置かれることも押さえておこう。



最上級を使って順序を表す

英語王子

最上級は複数の中から一番のものを示す表現だけど、2番目、3番目のものを表すこともできるんだ。



最上級を強める副詞
もぐら

tallest という最上級の前に the second という表現があるけど…。



英語王子

the second は「第2の」という意味だよね。
このように最上級の前に「the+序数詞」を置くと、「2番目に~;3番目に~」という意味を作ることができるんだ。
つまり、

「トミーはこのクラスで2番目に背が高い」

という意味になるよね。

じゃあ、「トミーはこのクラスで3番目に背が高い」という英文を作りたければどうすればいいと思う?



もぐら

最上級の前に「the+序数詞」を置くというのが基本ルールだから、

Tommy is the third tallest boy in this class.

ってな感じで、「第3の」という意味になる the third をつけたらいいんじゃないの?



英語王子

大正解!
最上級を使った派生表現として、今回の用法も覚えておいてね!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。