特定の語句による強調

英語王子

今回は疑問詞を強調する表現について見ていこう。



もぐら

・・・あれ、「疑問詞」って何だっけ?



英語王子

ほら、what、where、when など「何を~?」「どこで~?」という意味で、疑問文で頭につく語句があるでしょ?
あれを総称して「疑問詞」って言うんだよ。



代表的な疑問詞を強調する表現

ever による疑問詞の強調

英語王子

まずは ever という語句が疑問詞を強調する例を見ていこう。



疑問詞を強調する表現
英語王子

普通に訳すと「友達に何が起こったのか」となるけど、それではわざわざ ever を使って強調しているニュアンスを表せていないよね。



もぐら

じゃあ ever 本来の「これまでに」といった訳を付け加えたらいいのかモ?



英語王子

そうすると英文の意味が変わってきちゃうよ~。
こういう場合は「いったい」という言葉をつけよう。

「友達にいったい何が起こったのか」

こうした、ちょっとした言葉を追加するだけでも強調している感じをうまく表現できるよね!



on earth による疑問詞の強調

英語王子

それじゃあ、次に疑問詞を強調する他の例も見てみよう。



疑問詞を強調する表現
英語王子

この場合は on earth が疑問詞 Where を強調しているんだ。
on earth には「地球上で」という文字通りの意味もあるけど、

「地球上でどこからあなたは来たのか」

と直訳するのではなく、

「いったいどこからあなたは来たのか」

と訳すようにしようね。



もぐら

この場合も訳としては「いったい」と付け加えたらいいんだね!



英語王子

ever や on earth の他にも in the world なんて表現もよく使われるよ。 口語では in the hell とか in the devil といったちょっときつい言い方もあるけど、文語ではあまり見ることはないかもね……。



もぐら

こうした強調する語句はどこに置けばいいの?



英語王子

例文と同じように疑問詞の直後に置けばいいよ。
あとは、「いったい」といった訳を当てはめればいいから、ルールさえ覚えれば特に難しくないよね?



疑問詞がない疑問文を強調する用法

疑問詞を強調する表現
もぐら

この英文には疑問詞が・・・文頭にないよ?
普通の過去時制の疑問文だよね??



英語王子

そうだね。
この英文を訳していく上でのポイントは「疑問詞がない」ということ。
Did から始まっていて、文頭にWhat や Where といった疑問詞が存在しないよね。

でも、文末を見てみると、at all が置かれていないかな?
at all はもしかしたら not ~ at all で「まったく~でない」という用法で覚えているかもしれないけど、単体で使われると、強調の役割をすることがあるんだ。

特に疑問詞のない疑問文を強調する際はこの at all が用いられることが多いんだよ。



もぐら

この at all も「いったい」と訳していいのかな?



英語王子

at all は疑問文を強調しているので、ここでは「そもそも」と訳しておこう。
だから・・・

「例のおしゃべりが言ったことをそもそも信じているのか」

というのが全訳となるんだ。



もぐら

at all が疑問文全体を強調していると気づかず、what the great talker said at all で1つのまとまりだと捉えてしまうと、ニュアンスがかなり変わってくるので、注意しないといけないね。



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。