制限用法と非制限用法

英語王子

関係代名詞は「制限用法」「非制限用法」の2つの用法に分けることができるんだ。



もぐら

これまで習ってきた関係代名詞はどっちなの?



英語王子

おそらく見慣れている方は「制限用法」だと思うよ。
今回はその両者の違いを詳しく見ていこう!



非制限用法の関係代名詞節は補足的・追加的な内容になる

英語王子

制限用法とは、一般的な関係代名詞の用法で、その名の通り先行詞を「制限する」ような内容が続くんだ。



もぐら

えっと、「制限する」ってどういうこと?



英語王子

関係代名詞節では先行詞にとって必要な情報を説明するよね?
例えば、先行詞が人だとしたら、それがどんな人なのか説明する、つまり、制限しているとも言えるよね。制限しなければぼんやりするけど、制限することでどんな人なのかがより明確になってくる。



もぐら

「制限する」というのは、「詳しく説明する」とも言えるのか。
なるほどね!



英語王子

一方で、非制限用法とは、「制限しない」わけだから、関係代名詞以下に続く内容は、補足的で追加的なものになるんだ。

制限用法と非制限用法について、例文を交えて確認してみよう。



制限用法と非制限用法
もぐら

えっと、2つの違いが分からないんだけど。



英語王子

よく見てごらん。
関係代名詞の前にコンマが置かれているよね?
その場合は、非制限用法になるよ。



もぐら

確かに、(2)の例文には who の前にコンマがあるモ!
これが非制限用法であることのサインなんだね。



英語王子

(1)の制限用法は、これまで見てきた関係代名詞と一緒だから、who 以下の関係代名詞節を先行詞である three sons を修飾するように、後ろから訳し上げる感じで、訳してみると?



もぐら

「私の妹には黒髪の3人の息子がいる」となるよね。
これは簡単だね!



英語王子

あえて「黒髪の」と関係代名詞以下で制限しないといけないということは、who 以下がないと、どの息子か分からないということ。
ということは、妹には3人の黒髪の他にも息子がいる可能性があるんだ。



もぐら

そうなると、(2)の方はどうなるの?



英語王子

(2)の非制限用法では、who 以下の関係代名詞節を補足的に訳していくことがポイントになるよ。

つまり、who 以下はなくてもどの息子か分かるから、who 以下はあくまで追加で述べているにすぎない、という感じを表現しないといけないんだ。



もぐら

制限用法の場合は who 以下から先に訳したよね。
非制限用法の場合はどうやったら、その補足的なニュアンスを出せるの?



英語王子

非制限用法を訳す際は、制限用法のように関係代名詞以下から訳し上げるのではなく、関係代名詞の前で一度訳を区切るようにしてみて。

つまり、My sister has three sons までを「私の妹には3人の息子がいる」と訳しておき、その後に、 who have black hair の部分を「その3人の息子は黒髪である」とつなげていけばOK!



もぐら

ということは、
「私の妹には3人の息子がいて、3人とも黒髪である」
でいいんだね!



英語王子

非制限用法は補足的な情報だから、who 以下を述べなくても、どの息子かは分かるということ。大事なのは、My sister has three sons までとなるんだ。who 以下はあってもなくてもいいのだから、妹には黒髪の3人の息子しかいないことが分かるよね。



非制限用法は接続詞を補って考えてみる

英語王子

非制限用法を理解しやすくするには、関係代名詞の前に and を補って考えてみるといいよ!
さっきの例文の who を and に置き換えて考えてみよう。



制限用法と非制限用法
英語王子

この英文だと and 以下を three sons にかかるように訳す・・・なんてことはしないよね?
まずは and までの節を訳し、その後に and 以下の節を訳していくはず。



もぐら

そうか、and を補うと非制限用法の訳し方と一緒になるね!



英語王子

非制限用法はあくまで補足情報。つまり、その部分がなくても相手に通じるので、「あえて言うならば」という感じで述べているにすぎないんだ。 この独特のニュアンスを理解しておこうね!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。