複合関係代名詞 whoever と whomever

英語王子

「複合関係代名詞」って知っているかな?



もぐら

複合関係代名詞・・・?
何だか聞きなれない言葉だモ。



英語王子

名前は複雑だけど、一度は見たことがある用法だろうから、この機会に押さえておこうね。



先行詞があらかじめ含まれている複合関係代名詞

英語王子

「複合関係代名詞」という名前だけ見ると、何だか難しそうだけど

whoever、whomever、whichever、whatever

の4つを総称した呼び名のことなんだ。



もぐら

確かに、見たことあるかも…。
名称に「関係代名詞」ってついているけど、この4つも関係代名詞の仲間なの?



英語王子

複合関係代名詞と普通の関係代名詞の違いは、複合関係代名詞には、先行詞があらかじめ含まれているということなんだ。

ということで、who や which のように直前の何の語句を修飾するのか、ということを考える必要がないんだ。



もぐら

先行詞がすでに関係代名詞に含まれているのって、何だか関係代名詞の what みたいだね!



複合関係代名詞 whoever の用法

英語王子

whoever は「~する人は誰でも」と訳すよ。

whoever = anybody who と書きかえることもできるんだ。

和訳だけ見ても、「人は誰でも」の部分まで含まれているので、先行詞を含んでいることは明らかだよね。



もぐら

なるほど。
つまり、whoever は、意味的に anybody「誰でも」という先行詞をすでに含んでいるんだね。



複合関係代名詞 whoever と whomever
英語王子

この英文の主語がどこまでか分かるかな?



もぐら

Whoever という複合関係代名詞で導かれた Whoever purchases a ticket online までかな?



英語王子

正解!
Whoever purchases a ticket online までの節が主語で、その後に can receive the discount と続くので、全訳は以下のようになるよ。

「オンラインでチケットを買う人は誰でも割引を受けることができる」



もぐら

Whoever は先行詞まで含んでいるから、それが導く節だけで主語や目的語になれたりするんだね~。



英語王子

そうなんだ。
先行詞を含まない普通の関係代名詞である who や which が導く節が主語になったりすることはないけど、複合関係代名詞を含む節は主語になれちゃうんだ。



複合関係代名詞 whomever の用法

英語王子

whoever と whomever は和訳した時の意味はだいたい同じなんだけど、それ以降に続く内容で違いを見極めることができるよ。

whoever は基本的に、その後に続く文の主語になり、 一方で、whomever はその後に続く文の目的語になるんだ。



複合関係代名詞 whoever と whomever
「あなたの好きな人なら誰でも誕生日パーティに招待してもよい」
英語王子

ここでは、invite ~ to …「~を…に招待する」という用法が使われており、whomever you like の部分が「~」に当てはまることになるよね。

whomever you like の意味は分かるかな?



もぐら

whomever も whoever と意味が同じなら、

「あなたが好きな人は誰でも」

でいいのかな?



英語王子

そうだね。
そうすると、この場合意味的には whomever は続く you like の目的語となっているよね?
この役割を「目的格」と言うんだ。



もぐら

「主格」と「目的格」は関係代名詞の主格と目的格でも出てきたモ!



英語王子

whoever は続く部分の【主語】になる。 → 主格

whomever は続く部分の【目的語】になる。 →目的格

という感じで、両者の区別ができるようになっておこう!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。