前置詞+関係代名詞

英語王子

関係詞の前に前置詞が置かれている英文を見たことはあるかな?



もぐら

in which とか at which とか、よく見かけるね!
でも、前置詞って名詞の前につくものだよね?



英語王子

そう、だからこそ、前置詞の後の関係代名詞が何を受けているのかを、きちんと理解する必要があるんだ。



先行詞が前置詞の目的語になっていることが前提

英語王子

関係代名詞の直前にはその関係代名詞が修飾する「先行詞」があるもの。
ところが、関係代名詞の前に前置詞が置かれることもあるんだ。
英文を交えて詳しく確認してみよう。



前置詞+関係代名詞
「彼が話をしている女性は彼の恩師である」
英語王子

この英文では、関係代名詞 whom が The woman を修飾しているのは分かるよね?



もぐら

うん。
でも、先行詞 The woman と関係代名詞 whom との間に、with があるけど、この with は本来どこに繋がるものなの?



英語王子

この with は、実は関係代名詞節の talking の後にあったものなんだ。



もぐら

確かに he is talking with the woman という繋がりになるから、the woman が with の目的語として続くと考えるのが妥当だモ。



英語王子

つまり、この英文は以下のようにも書き換えることができるんだ。



前置詞+関係代名詞
英語王子

このように関係代名詞が指す先行詞が、前置詞の目的語になっている場合、その前置詞を関係代名詞の前に置くこともできるんだ。



もぐら

本来なら関係代名詞節にある前置詞を関係代名詞の前に持ってきちゃうんだね!



前置詞+関係代名詞 that は成り立つ?

もぐら

そういえば、便利な関係代名詞の that の前にも前置詞は置けるの?



英語王子

that は who、which、whom の代わりをしてくれるので、
今回の英文でも that で置き換えて

The woman with that he is talking is his old teacher.

としたいところだけど、
関係代名詞 that の前に前置詞は置けない
というルールがあるんだ。



もぐら

そっかぁ・・・残念。



英語王子

だから、

The woman that he is talking with is his old teacher.

と、関係代名詞節の talking の後に with を続けるのであれば、whom を that に置き換えることは可能だよ。



もぐら

つまりは、
「前置詞+that」はあり得ない
ってことなんだね!



英語王子

in とか at といった分かりやすい前置詞であれば、すぐに「前置詞+関係代名詞」の構造に気づくことができるんだけど、見慣れない前置詞が使われていると、途端に見分けるのが難しくなるんだ。例えば、今回使った with もそうだし、within や along も前置詞の仲間だよね。

でも、基本の考え方は同じだから、「前置詞+関係代名詞」の用法と考え、落ち着いて読解していこうね!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。