付帯状況の意味

英語王子

「付帯状況」とは簡単に説明すると、
「ある状況にある状況が付け加わる」
ということなんだ。



もぐら

状況に状況が付け加わる・・・てどういうこと?



英語王子

付帯状況で代表的なのが分詞構文の用法なんだけど、実際の英文で確認した方が分かりやすいから、どのように状況が付け加わっているのかを見ていこう。



付帯状況の分詞構文

「~しながら」という付帯状況

付帯状況の意味
英語王子

付帯状況の分詞構文には2つの意味があるんだけど、1つ目は「…しながら」と訳すパターンだね。



もぐら

えっと、この場合は humming merrily という部分が分詞構文になっているモ。



英語王子

hum は「鼻歌を歌う」、merrily は「陽気に」という意味なので、全訳は「彼女は陽気に鼻歌を歌いながら歩いていた」となるんだけど、

この英文では、
She was walking という主文に、
She was humming merrily という文が添えられている形になるんだ。

つまり、「彼女が歩いていた」という状況に、歩くと同時に起こっている「彼女が陽気に鼻歌を歌っていた」という状況が付け加わっているわけなんだ。



もぐら

なるほど、これが
「ある状況にある状況が付け加わる」
ってことなんだね!



and を補う付帯状況

英語王子

次に2つ目の意味を見ていこう。
実は1つ目の意味より、これから紹介する2つ目の用法の方が、長文ではよく使われるパターンなんだよ。



付帯状況の意味
英語王子

submitting them 以下が分詞構文になっているけど、今度は and という接続詞を間に補って考えてみて。



もぐら

ということは、

He checked all receipts for travel expenses, and submitted them ~

と書き換えたらいいの?



英語王子

その通り!
receipts for travel expenses は「出張経費の領収書」、submit A to B は「AをBに提出する」、accounting department「経理課」という意味なので、全訳は「彼は出張経費の領収書をすべて確認し、経理課に提出した」となるね。



もぐら

この2つ目の用法は同時に起こっている状況というよりは、続いて起こっている状況って感じがするなぁ。



英語王子

確かに
「出張経費のすべての領収書を確認する」→「経理課に提出する」
という流れが読み取れるよね。

だからこそ、and という順接の接続詞を補ったわけだけど、注意してほしいのは、その後に続く分詞を動詞に直す時かな。

分詞なので、今回のように submitting と …ing の現在分詞であったり、~ed の過去分詞になっている可能性があるんだ。



もぐら

そっか。
でも、動詞に書き換える場合は時制も影響してくるから、主文に目を向け文全体の時制を捉えて、現在形なのかそれとも過去形なのか、といった点も意識しないといけないんだね。



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。