同格を表す of

英語王子

今回は前置詞 of を使った同格表現を見ていくよ。



もぐら

of というと・・・「~の」という意味の前置詞でしょ?



英語王子

そう、まずその意味が思いつくよね!
それに加えて、同格の意味となる場合も勉強していこうね。



「~という」の意味になる同格の of

英語王子

同格のさまざまな表現で学習したことを復習しておくと、「同格」とは語句が言い換えられている箇所のことで、2つの語句がイコールで結ばれる関係のことだったよね!

そして、この同格関係は前置詞の of を使っても表現することができるんだ。



同格を表す of
もぐら

since ~ の表現が使われているから、
現在完了の中でも「継続」の用法でしょ?

have lived は「ずっと住んでいる」
since I came to Japan 「私が日本に来て以来」

というところまでは分かるよ~。



英語王子

ということは、ポイントは the city of Kyoto の部分だよね。

前置詞 of を見ると「~の」と訳したくなるもの。
この場合も「京都の都市」と訳すことができるので、間違いとも言えないけど…。



もぐら

けど・・・?



英語王子

けどね、この場合は

the city = Kyoto

という関係が成り立つので、of を介して両者は同格の関係だと言えるんだ。



もぐら

同格、つまり2つの語句がイコールになっているもんね!



英語王子

同格は「~という」という意味になるから、
「京都という都市」→「京都市」
とできると、より自然な訳になるよね。

したがって、全訳は以下のようになります。
「来日して以来、ずっと京都市に住んでいる」



もぐら

同格の of ってどんな時に使われるの?



英語王子

同格の of が使われるのは、今回の例文のように of を挟んで、両側に名詞がある場合が多いんだ。

長文でも of を「~の」と訳しても、しっくりこない時があるよね?
そんな時は試しに「~という」という訳を当てはめてみて。
それでうまく訳せたら、その of は同格を表しているのかもしれないよ。



同格を表す of の応用

英語王子

ではここまでの内容を踏まえて、次の of はどう訳せばいいかな?



同格を表す of
もぐら

たぶん同格なんだろうけど、
「~という」を当てはめると、an angel of a girl は「少女という天使」となって、何だかぎこちない感じだモ…。



英語王子

「少女という天使」はしっくりこない表現だよね。

これは感情を込めた表現に多いんだけど、A of B で「AのようなB」と訳すんだ。
つまり、「天使のような少女」となるんだよ。

だから、全訳は
「彼は天使のような少女と恋に落ちた」
となるんだ。



もぐら

A of B という形だと、ついつい B の方から訳し上げたくなるけど、前の A から訳し下ろしていくのがポイントだね!



英語王子

この of の用法は、もっと分かりやすく以下のように書き換えることもできるよ。



同格を表す of
もぐら

これだと、関係代名詞節である who is like an angel が a girl を修飾しているという関係が分かりやすいモ!
「天使のような少女」と訳すことができるのも納得!!



英語王子

同格の of にはこのように前から訳し下ろして、「~のような」と訳すパターンもあるので、覚えておこうね!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。