知覚動詞

英語王子

「知覚動詞」という言葉を聞いたことがあるかな?



もぐら

「知覚」ってことは、感覚に関する動詞のこと?



英語王子

そう、「見る」、「聞く」、「感じる」といった五感に関連する語句を含んでいるだけど、用法が少し特殊なので見ていこう。



知覚動詞はその後の語順に要注意

英語王子

使役動詞で見られた、使役動詞と目的語の後に動詞の原形が続くという、独特の形を覚えているかな?



もぐら

うん、1つの英文で動詞が2つあるというのは、なかなか見ないよね。



英語王子

でも、実は使役動詞以外にも、同じような形をとる動詞があるんだ。
それが「知覚動詞」と呼ばれる動詞だよ。

see、feel、hear、notice、observe などの動詞は、目的語の後に動詞を続けることができるんだ。



知覚動詞
もぐら

saw の後に her という目的語、そして、get という動詞の原形が続いているモ!



英語王子

「see+O+動詞の原形」は「Oが…するのを見る」という意味だから、

「私は彼女が電車から降りるのを見た」

となるよ。



もぐら

知覚動詞も使役動詞と同じ語順になるんだね!
他にも覚えておくべき知覚動詞ってあるの?



英語王子

よく使われるところだと、

hear+O+動詞の原形「Oが…するのを聞く」
feel+O+動詞の原形「Oが…するのを感じる」
notice+O+動詞の原形「Oが…するのに気づく」


といったところかな。



もぐら

使役動詞と一緒で、パターンさえ覚えてしまえば、訳し方は難しくはないね!



英語王子

目的語の後に動詞の原形が続くというのは、何とも不思議な形なわけだけど、これは「原形不定詞」と呼ばれる用法で、to がつかない不定詞、つまり、動詞の原形だけが使われる用法になるんだ。

原形不定詞については、実は昔は to がついていたなんて話もあるんだよ。



もぐら

なるほどね、時代と共に to が取れていったのかもしれないね。



知覚動詞の受動態

英語王子

知覚動詞を使った英文が受動態になると、どうなるのか考えてみよう! 例えば、さきほどの例文を受動態にしてみると・・・?



知覚動詞
もぐら

主語は目的語の her を She に置き換えればいいのかな?
それから、時制は過去形だから、be動詞は was となるよね。

問題はその後の知覚動詞の部分なんだよなぁ…。



英語王子

動詞は過去分詞にする必要があるので、saw ではなく seen となるよね。
そして、その後に動詞の原形部分を持って来るとどうなるかな?



知覚動詞
もぐら

こんな感じになるけど、seen get みたいに動詞が2つ続いてもいいの?



英語王子

そこに違和感を覚えてしまうよね!
実は seen と get の間に to を入れる必要あるんだ。



知覚動詞
もぐら

前の英文にはなかった to がいきなり出現してくるとは、びっくり!!
原形不定詞で省略されていた to がここで復活するんだね。



英語王子

「不定詞」とあるように、本来は to があったのかもしれないね。
それが原形不定詞として、動詞の原形という形に変化したわけだけど、受動態の時は便宜上のこともあって、その名残が出てくるのかもしれないね。



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。