動作を表す動詞と状態を表す動詞

英語王子

今回は「動作を表す動詞」「状態を表す動詞」を取り上げるよ。



もぐら

「動作」や「状態」を表す動詞って何だろう?



英語王子

実は普段使い慣れている動詞は、たいていこの2つに大別できるんだ。
詳しく見ていこう!



状態を表す動詞は進行形にならない

英語王子

動作を表す動詞とは、study や run などのまさに動いている様子を表したり、行動を伴う動詞のことだよ。
一方で、状態を表す動詞とは、事物の状態や構成を表す動詞のこと。



もぐら

「状態を表す」というのが、ちょっと分かりづらいんだけど…。



英語王子

意味は「…である」とか「…になる」など、その状態を表し、動作を伴わない動詞のことだよ。
代表的なのは、be 動詞や become とかだね!



もぐら

あ、なるほどね!



英語王子

状態を表す動詞は限られているので、代表的なものをいくつか挙げておくね。

belong「~に属している」、contain「~を含んでいる」、depend「~次第である」、exist「存在する」、have「~を持っている」、involve「~を含んでいる」、own「~を所有している」、remain「~のままである」、resemble「似ている」

などなど…。



もぐら

確かにどれも動作ではなく状態を表しているいるモ!



英語王子

ちなみに、原則として状態を表す動詞を進行形で用いることはできないんだ。
例えば、「エドワードは営業部に所属している」を英語にする場合、以下のように進行形ではなく現在形で表現するんだ。



動作を表す動詞と状態を表す動詞
もぐら

「…している」という和訳だけ見ると、それにつられてついつい進行形にしたくなるモ!



英語王子

だよね。
でも、belong は「所属する」という状態を表す動詞。
「所属する」というのは、動作ではないよね?

だから、進行形にすることはできないんだ。



知覚・感覚を表す動詞

英語王子

知覚・感覚を表す動詞も、次のような意味として使われる場合は原則として進行形にはならないよ。

feel「感じる」、hear「聞こえる」、see「見える」、smell「においがする」、taste「味がする」



もぐら

そうか、これらも動作ではなく状態を表す動詞の仲間なのか…。



英語王子

例えば「遠くに富士山が見えている」を英語にするなら、「見えている」という和訳につられて以下のように、進行形してはいけないよ。こちらも現在形で表現しようね!



動作を表す動詞と状態を表す動詞
もぐら

そう言われてみると、I am seeing という並びは見たことがないかも!



英語王子

普段使い慣れている動詞も、動作を表しているのか、それとも状態を表しているのか、意識するようにしてみてね!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。