使役動詞の基本

英語王子

今回は使役動詞について確認していこう!



もぐら

「使役動詞」って名称をはじめて聞くけど、普通の動詞とは何が違うの?



英語王子

使役動詞というのは、「…させる」や「…してもらう」というニュアンスを持つ動詞のことだよ。例文も交えて詳しく見ていこう。



3つの使役動詞のニュアンスを見分ける

英語王子

使役動詞を使った形は特徴的で、
「使役動詞+目的語(O)+動詞の原形」
という形になるんだ。



もぐら

使役動詞にはどんな種類があるの?



英語王子

基本的な使役動詞として覚えておきたいのは、make と let と have の3つ。

make+O+動詞の原形「Oに…させる」
let+O+動詞の原形「Oが…することを許す」
have+O+動詞の原形「Oに…してもらう」



もぐら

make が一番強制的で、それに比べて let や have は幾分ゆるい感じがするモ…。



英語王子

その感覚は正しいよ。
英文で見ていくと、これらのニュアンスの違いが見えてくるはず!



使役動詞 make の強いるニュアンス

使役動詞
「彼女の母親は、部屋を出る前に彼女に電気を消させた」
英語王子

主語の Her mother の後に使役動詞である make の過去形 made が置かれているよね?



もぐら

使役動詞の後は her turn off とあるので、まさに、

make+O+動詞の原形

の形になっているモ!



英語王子

使役動詞 make は相手に「強制的に…させる」という意味。
この場合は、母親が娘に部屋の電気を消すように強いている光景が、イメージできるんじゃないかな?



使役動詞 let の許可するニュアンス

英語王子

使役動詞 let は「let+O+動詞の原形」という形で「Oが…することを許す」と説明したけど、これは基本的な意味で、実際のところ、そのように訳すことはほとんどないんだ。



使役動詞
「今日は、同僚を紹介いたします。田中さんです」
英語王子

let me introduce の部分を公式通りに訳すとどうなるかな?



もぐら

「私に私の同僚を紹介することを許してください」
となるんじゃない?



英語王子

そうなるよね。
でも、これはちょっと不自然な言い回しだと思わない?

ということで、この let は me と一緒に使われることで、「…いたします;…させてください」くらいに訳すと自然な感じになるよ。



もぐら

じゃあ、let me introduce my colleague は「私の同僚を紹介いたします」となるわけだね!



使役動詞 have の相手にしてもらうニュアンス

英語王子

使役動詞の have は相手に対して
「…してもらう」
というニュアンスが込められているんだ。

でも、もう少しつっこんで説明すると、この have は make よりも弱い意味で、「…させる」という意味になることもあるんだよ。



使役動詞
「彼女は兄に宿題を手伝ってもらった」
もぐら

使役動詞の have の過去形 had の後に her brother という目的語、そして、help という動詞の原形が続いているね!



英語王子

「兄に宿題を手伝わせた」とすると、兄妹の上下関係から、少し不自然なので、「手伝ってもらった」としたいところ。

使役動詞 have の訳として「…させる」か「…してもらう」かは、文脈によって自然な方を当てはめるようにしようね!



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。