時制の一致

英語王子

今回のテーマは「時制の一致」だよ。



もぐら

時制というと、現在形、過去形、未来形、完了形のことだよね?



英語王子

そうだね。
時制は、文型と同様に英文を読む上で根幹になる部分。しっかりと内容を理解していこう。



that 節の時制に注意する

英語王子

「時制の一致」とは現在時制の時は現在形を、過去時制の時は過去形を使ってね、という当たり前の話なんだけど、英文が長くなると、時制を一致を見落としやすくなるんだ。



時制の一致
「彼はその本を読む価値があると思っている」
時制の一致
「彼はその本を読む価値があると思っていた」
英語王子

1つ目の英文は「思っている」だから現在形。
He thinks ~ となっているよね。

一方の2つ目の英文は「思っていた」だから過去形。
よって、He thought ~ となっているよね。



もぐら

過去時制だから、that 節の中も the book was ~ なんでしょ?



英語王子

そう、これこそがまさに「時制の一致」なんだけど・・・
でも、よく考えてみて!
2つの英文は時制が異なるのに、that 節の中の訳は「その本を読む価値がある」と、どちらも現在形で訳されてない?



もぐら

あれれ、ほんとだモ!



英語王子

これが日本語の難しいところなんだ。
「その本を読む価値がある」と現在形っぽい表現でも、過去時制の中で用いられていたら、「その当時彼は価値があると思っていたんだな」と聞き手側は過去時制として自然と解釈するんだ。

でもね、「自然と」できるのでは、僕たちが日本語のネイティブだからなんだ。



もぐら

だから、日本語から英語に置き換える時に「時制の一致」を行う必要があるんだね。



時制の一致
「彼女は新しいドレスが買えるように、懸命に働いた」
英語王子

さて、上の例文の(  )の中には何が入るかな?
ヒントは so that S can …「Sが…できるように」という構文が使われていることだよ。



もぐら

じゃあ so that she の後は can になるんじゃないの?



英語王子

おや?
「時制の一致」を忘れてない?



もぐら

そっか!
(  )の中に入るのは can の過去形の could か!!



英語王子

She worked hard「彼女は懸命に働いた」の worked からこの英文は過去時制ということが分かるよね。
ということは、so that 以下の時制も過去形になるよね?



もぐら

なるほど!
現在形なら so that she can buy … となるところだけど、so that 以下も時制の一致で過去形にしないといけないんだね。



英語王子

このように時制の一致で間違えやすいのは、that 節の時制がほとんどだから、that 節の動詞の形に注意しようね。



英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。