英語学習アンケート第2回結果

英語学習アンケートの第2回を2010年8月2日(月)~8月14日(土)で実施しました。
そのアンケート結果と皆さんから寄せられた意見をまとめていきます。

Q:英語能力のうち最も重視しているのはどれですか?

英語学習第2回アンケート結果

リーディング重視の方が半分近くを占める結果となりました。
やはり、単語・文法といった英語力の根幹はリーディングで身につくことが多いですからね。
また、コメント欄ではライティングに関する意見もたくさんいただきました。
リーディングで養った英語力は実際に英文を書いてみることで、表現の引き出しが増えるので、スピーキング力も向上していくことでしょう。

投票者のコメント

回答番号 投票者のコメント
仕事の取引先も英語圏と英語圏以外の国も含め英語でのメールが主体です。まず読んで理解し書いて伝えるというのが日常です。専門職なので文献も読む必要があり、重視するのはリーディングです。先生のメルマガ「英語和訳のノウハウ」を読むと、自分がいかに理解していないかわかります。
英語の論文に目を通すことが非常に多いため。
どの能力も大切だが、行き着くところはライティングだろう。書けなければ、聞くも読むも話すも中途半端になってしまう。
ライティングは、意識して勉強しないと上達しない分野なので、重視しています。きちんとした文章が書けないと、おばかさんに見えるみたいですし。日本でも、学校教育において、日本語のライティングをもっと重視すべきだと思います。
リスニングやスピーキングも、実のある会話をするのに必要、という意味では大事ですが、ライティングほど厳密な英語を要求されないため、重要度がちょっと落ちます。
リーディングは、すべての能力の基礎になるという点で重要ですが、本を読むのが趣味なので、わざわざ意識しなくてもいいかな、と。"
大学院で英語の論文などを読むので、今のところ重視しているのはリーディングです。ですが、生きていくうえではリスニングやスピーキングがとても大事になってくると思います。私が今いちばん伸ばしたいのはリスニング力だったりします。
アメリカに留学して、一番初めに受けた英語の授業の先生に、「上手に話せるようになるにはどうしらいいのか?」尋ねたところ、「とにかくたくさん読みなさい」と言われました。読む力は、聴く力、話す力、書く力の基になるからということで、私はリーディングを重視してます。
個人的に、英語を使うのはメールが多いです。余りしゃべる機会はありません。
なので、苦手ではあるんですが、書く練習が必要だと思います。
とにかく書く能力が上がると他の三つは自然についてくると 経験で知りました。
スピーキングができるということは、すべてができることになると思いますので、勉強した集大成的な要素です。
日常会話で困らない程度の英会話が出来るようにと英会話スクールに通っていますが、リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングのどれをとっても、最低限の文法や語彙は必要になってくると感じている今日この頃です。
文法解析力だと思います。
英語の聞き取りに苦労しています、単語の2ケ連続のアクセントが早くて何度聞き手も聞き取れなく意味が解らない事が多々あります、毎日聞いて特訓中です。

英文法を学ぶなら、この無料メルマガがオススメ!

英語王子

当社が平日日刊で発行している無料メルマガ「英語和訳のノウハウ」は、毎回1つの英文法にテーマを当て、英文を交えて読解の仕方や和訳のコツを解説しています。

これまで30000人以上の人が購読しているこのメルマガで、英文法の勉強を始めてみませんか?



もぐら

読者のみんなが自分の訳を投稿できたり、投稿した和訳が添削されたり、と参加できるコンテンツも色々あるから、毎回楽しく読み進めることができるよ。

メルマガには下記フォームから登録してね!



英語和訳メルマガ 登録フォーム
メールアドレス

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたしますので、
お間違いのないようにご入力ください。